大阪府 Y.K 様 ご依頼品
DORAGON 1/35 Scale
Maus - Tank

クリックで画像
が表示されます
   ↓


久しぶりに戦車です!
でも、なんだか寂しく見えちゃいますねぇ・・・

よくあるような、四色迷彩塗装でもないし、ゴテゴテとした改造やディテールパーツの追加はもちろん、極端なツィメットやウェザリングもほとんど施していないからでしょうが、今回はこのスタイルでの製作がご依頼者様からの内容なのです。

しかし、塗装が簡単に見えても、製作は簡単ではありません。
この『マウス』という戦車、同じスケールなら他のプラモデル戦車と比べても、完全に2クラス以上大きいんです!
パッと見ると、ちょっと大きめのRC(ラジコン)戦車かな?! と、思えてしまうくらいの迫力があります。


本当なら転輪や覆帯(キャタピラのことですが、キャタピラはキャタピラー社の登録商標です)はレジン製の別物に替えて取付ける予定でしたが、どのパーツも形状や抜きの状態が極端に悪く、それを修正(ほとんど修復に近い?!)しながら、組み合わせてみても、どうしてもディテールが良くなっているいるようには思えず、支持輪に至っては側面覆帯装甲板によって、ぜんぜん見えないし!
結局、ご依頼者様とご相談をさせて頂き、レジン製は使用せずにキット付属のパーツで製作を致しました。それでも、覆板の一枚一枚を丁寧に形状成形しながら繋ぎ合わせる処理が必要なので、地道な作業を根気よく行なう忍耐力が必要です。

ちなみに、砲身はアルミ削り出しでかなりの精度の良いパーツをご依頼者様がご用意下さいましたので、それを使用しています。


砲塔と車体を別々に、塗装の前に組み上げておくのが基本です。
特に戦車などは、このほうが人為的な塗装ムラを起こさせて、少しずつ色を変えていきながら重ね吹きをした際に、味の有る装甲らしいの塗装になります。
もちろん、迷彩パターンはこれ以外に施しますよ。


さて、完成してみれば、やはり全体的な大きさも相俟って、主砲部分だけでもかなりの迫力がありますし、スッキリとした外観故に重量級なイメージも引き立っています。


確かに、まだら迷彩(ダックハンターパターン)や斑点迷彩(ロックパターンやウッドランドパターン)のような緑や茶系の混ざった複数色迷彩パターンも戦闘車輌塗装の醍醐味かもしれませんが、砂漠戦で隠し様がないほど大型の車輌ともなれば、これくらい潔いほうが良かったのかもしれませんし、傍まで侵攻していたならば、この大きさと装甲ならば今更どうしようも無かったでしょうから・・・


たった1台の戦車でもこれだけの妄想が出来るのですから、やはりスケールキットってすごいですね。まだ戦闘車輌を作ったことの無い人でも、一度は手を出してみることをお薦めします。
それで、「やっぱり、大変だし、難しいよ〜」という場合は、弊社をご利用下さいね♪
もちろん最初っから、ご製作依頼をして頂いてもOKですよ!