ワールド工芸 ラッセルヘッド 
for トラムウェイ DD13

クリックで画像
が表示されます
   ↓


限定生産の稀少なラッセルヘッドで、トラムウェイ製DD13(完成品)に取付けるタイプのブラス製組立てキットになっています。
組立てて行く程に合わせ目が奥まって行き、簡単に思っていたよりは、それなりに作り応えはありましたねぇ。
それにしても、ブラス製とはいえ、鋼板の一枚いちまいはまるで、エッチングパーツのように薄く感じました。(実際、それよりはもう少し厚みがありますが・・・)

調色さえドンピシャな色が出来れば、塗装自体はそれほど難しくはありません。
但し、モールドのような凹ラインは、缶スプレーや筆塗りで塗装してしまうと、浅過ぎて塗膜で埋まってしまうので、エアブラシで薄く重ねて塗装していきます。
また、薄吹きとはいえ、何度も重ねて吹き付けますので、谷折りのようなラッセルヘッドの内側に塗料が溜まり易いので、バランスを見ながら隅に注意して吹き付けます。

取付ける側のDD13の車体はプラスチックボディ、それに対して金属製ラッセルヘッドを前後に取付けます。横版は可動式になっていて、上部のアームによって外側へ開き過ぎない様になっています。

完成してみるとわかりますが、車体の手摺や足掛けは極細の樹脂成形のため、結構歪んでいますが、元の完成品自体がこのようになっている為、多少調整は施しましたが、やはり限界はあるようです。ここを真鍮線などでキッチリした形にしてあげると、全体が引き締まってカッチリして見えると思います。

両方向にラッセルヘッドをつけたDD13は全体が長くなるだけではなく、重量感と迫力のある全体像になりました♪

今回はラッセルヘッドに関する部分だけでしたが、ご予算が合うならばDD13自体も発色よく再塗装する事をお薦め致します。赤い部分の発色が変わるだけで、見映えが良くなること間違いなし! 是非、ご依頼下さい!!