クラフト工房 ていくわん Nゲージ
EF500−901号機

クリックで画像
が表示されます
   ↓

鉄道、ことさら電気機関車に興味がある方なら一目見てお分かりでしょう。
そう、『EF500−901号機 』です。

輸送力増大への対応と、国鉄形式電気機関車の後継を目的としてJR貨物が生み出した、たった1輌しか存在しない試作車輌が、このEF500−901号機です。

車体側面の「INVERTER HI-TECH LOCO」が印象的で、直流1500V・交流20kV(50Hz/60Hz) の3電源に対応した、日本海縦貫線などの異方式混在区間を単独走破出来る西濃を誇る機関車です。しかも1000t〜1200t(貨物車輌で20〜22輌)もの重さを120km/h(平坦路線時)で牽引するほどの力持ちなんです。

しかし、残念なことに、技術上の問題や使用線区の輸送量に対する考慮などから量産は見送られてしまい、貴重な実験データを残した後はEH500形やEF510形に道を譲るように引退しました。


今回の製作は、クラフト工房の半完成キットで、KATOのEF200をベースに組み立て済みのブラス製ボディに載せ替えて屋上機器などを取付けるタイプです。

EF500−901の車体は未塗装(サフ状態)なので、先ずこれを塗装するところからはじまるのですが・・・
仮組をしてみてビックリ! パーツ接合部の合いも悪いし段差も残ってしまいます。
いくら半完成とはいえ、このまま塗装まで仕上げてしまうと、折角の名機がどことなく「ヘン」になってしまうので、各パーツの下処理と一部成形処理を完全にやり直します。

どうにか形のバランスがとれたところで、改めて塗装を施します。
※丁度この製作の頃は、梅雨と初夏の多湿に苦しめられた時期で、下地塗装が被り気味になってしまうため、吹き付けから乾燥のタイミングには、本当に手こずりました。

屋上機器も各パーツの下地処理が完了してからは、見映え的にも良い感じになっていると思います。

また、完成後の走行テスト時に判明したのですが(まぁ、なんとなく予想はしていましたが)、組立て説明書どおりに作っていくと、ヘッドライト点当時の灯り(内側の発光部)が側面窓から漏れてしまい、走行中に目立ってしまうのです。
しかし、それもちょっと工夫してやれば、一発解決が出来ます。

さぁ、完成です!
どうですか?! 私的にはかなり格好良く出来ているとおもうのですが・・・

実際には受け取られたお客様からも大満足との評価を頂きました。


半完成だからといって、楽な気持ちで作ってみるのも良いですが、真剣に高品質を求めることで、尚更良くなるのも、半完成キットの醍醐味ですよね♪

確かにNゲージに何万円の製作料と聞くと高額に思えるかもしれませんが、手間暇懸けられた作品は、ご依頼頂いたお客様にとって、その対価以上の価値が生まれるのです。
そんな作品を是非、ご自身のお手元でお確かめ下さい! ご依頼お待ち致しております。