クリックで画像
が表示されます
   ↓

国鉄EF56形電気機関車
・東京都 S.Y 様 ご依頼品
・FAB  1/87 Scale (HOナロー) ブラスキット

国鉄時代の電気機関車は相当数開発・生産されましたが、このEF56は開発系譜を振り返るには欠かせない存在です。
EF53をベースに開発された当機は、当時としては画期的な暖房用の蒸気機関を搭載しており(当時は冬場になると暖房車を別に連結して対応していました)、生産された車輛のうち6号機はEF58台頭までの間のお召し機として活躍しました。
当初は客車の牽引機として活躍し、戦後EF57が登場してからは、貨物の牽引をするようになりました。
晩年は5輛が改装され、EF59として活躍しました。→EF59はこちら

今回はブラスキットでEF56を製作しました!

キットは一見キレイですが、部品同士を合わせると上手く噛み合わない・繋がりがおかしくなる部分があり、問題点を一カ所ずつ確認しながら削って合わせていきます。
またこの点は動作確認の段階で判明しましたが、台車の首がほとんど振らないため、急なカーブに対応出来ない問題点が浮上しました。
この点は調整を加えて、可能な限りカーブに対応できるようにしてあります。

塗装は資料のぶどう色に合わせ、半光沢でコートしてあります。
つや消しよりも半光沢に仕上げる事で、より実物の質感に仕上がりました。

完成したEF56は、往年の活躍を思い起こさせる迫力に仕上がりました! 形を変えながら長期間走行した、重みが感じられる様に気を遣いました。
思い出のあの車輛の再現は、NAGAEアートプロダクションに是非お任せ下さい! もちろん最新の車輛もお手の物ですよ!