ホーム → ギャラリー「鉄道」 → EF64 貨物更新色
クリックで画像
が表示されます
   ↓

EF64 貨物更新色
・静岡県 Y.K 様 ご依頼品
・エンドウ  1/87 Scale (HO) 完成品フルリペイント

EF64-1000形は、1980年に登場した国鉄最後の新製直流電気機関車で、耐雪構造が強化されました。
今回は老朽化による故障防止と修繕費低減の観点から更新工事が施されたEF64-1000形をリペイントにて再現していきます。

お客様より頂いたご要望は貨物更新色へのリペイントの他に運転台上のクーラーの再現でした。
完成品のリペイントは塗装の剥離前に全ての部品を外してから専用溶剤に漬け込んで剥離します。
今回は意外にもすんなりと剥がれてくれましたが、焼き付け塗装の場合はモーターツールを駆使して塗装を剥がします。

塗装の剥離が終わったら下地の処理です。
この段階でハンダが多く盛られている箇所や弱い所を修正していきますが、
今回は組立が綺麗でしたのでその作業はほぼ必要ありませんでした。
運転台横の雨樋の延長分をハンダ付けし側面と屋根の境に手すりを取付けたら下処理は完了です。
塗装は先ず資料を基に調色した白を塗装し乾燥後に青を塗装していきます。
白のラインがどこを基点に曲がっているのか資料を良く確認してマスキングをし青を塗装していきます。
白のラインの折れ曲がる箇所は角が出る様に注意してマスキングしました。
白と青の塗装が完了したらエッチゴムと屋根の塗装をして本体の塗装は完了です。
最後にJRFのロゴを車体にいれて完成です。

今回の製作にあたり苦労したのは運転台上のクーラーの製作です。
頂いた資料や手持ちの資料でも細部がわかり難く資料探しに時間がかかりましたが、前後2基をスクラッチしました。
ご要望のサイドのパンチメッシュも再現してあります。

完成したEF64は白のストライプが目を引く特別な1輛へと生まれ変わりました。





r