神奈川県 T.M様 ご依頼品
Master piece  1/80 Scale (HO)

阪神ジェットシルバー

クリックで画像
が表示されます
   ↓

 


ジェットカーとは、阪神電鉄の普通列車専用車の総称名です。
名前の由来は電車とは思えないほどの高加減速で「さしずめジェット機だな」ということでジェットカーと呼ばれる様になったとか。
中でもジェットカー5201形のうち5201と5202は製造当時極めて珍しいセミステンレスカーで登場しました。
今回はそのジェットシルバーを製作しましたのでさっそく手順について説明していきます。

まずはキットの特徴ですが、プレスされたボディの肉厚がとにかく薄いです。
組立ては、慎重に、丁寧に行います。ハンダ組み立ては一発勝負といったところでしょうか。
屋根もボディ同様に薄いです。その屋根に配管止めの穴を開けていくのですが、すぐ凹んでしまいそうでハラハラしました。

ボディはシルバーですが、サッシや乗降扉の周り等で明るさの異なるシルバーで塗り分けました。質感が良く出たと思います。
仕上げは半光沢でクリアコートしています。
ライトはLEDを取り付け、室内灯共に光ります。
最後の床板をボディに取付ける際、アングルのネジ穴が合わず、穴を広げました

如何でしょうか、ステンレス車体の金属感がうまく塗装で表現されました。
「NAGAEアートプロダクション」ではストレートでの製作はもちろん、ちょっとクセのある様なキットの加工や、改造、ディテールアップ、リペイント等、鉄道模型に関する事ならなんでも、お気軽にお問い合せ下さい!