神奈川県 M.A 様 ご依頼品
安達製作所  1/80 Scale (HO)
クモハ12形

クリックで画像
が表示されます
   ↓

鉄道史を振り返るに欠かせない存在、それが今回製作したクモハ12形の12052番機です。
この車輛は2度にわたる改造及びそれに伴う改番がされており、最初期は鉄道省(国鉄の前身)が保有するモハ31形31018号機として活躍しました。
山手線へ配備された当初は、他の木製車輛とは一線を画する鋼製車輛が目新しく、こぞって乗客が集まったそうです。
1953年に車両形式称号規程の改正が定められ、その際にモハ11形11210番機と改称され、1959年に電化ローカル線に対応する為改造されて鶴見線へ渡った車輛こそが、このクモハ12052番機なのです。
現在は東京車輛センターへ譲渡され、静態保存されています。

貴重な車輛を早速作っていきましょう!

安達製のキットを製作しましたが、そこに追加しているのは配管です。
これをやらないと、見映えが大きく違います。
またカプラー用に開けられた穴が、どうもしっくりしない位置でしたので、穴を開け直してカプラーを取付けています。
色味は、写真を見ながらの調色。お客様のこだわりが強く出るぶどう色ですが、今回のお客様からはお任せでとの事でした。
今回は半光沢仕上げで、ウレタンコートはしていません。
車輛と外側、床下機器の色分けはきっちり仕上げています。

如何でしょうか? 時代を渡り歩いた勇姿が、緻密に再現出来たと思います。
時代を問わず、NAGAEアートプロダクションは鉄道模型を最高の再現度と仕上がりでご提供致します!