ホーム → ギャラリー「鉄道」 → 名鉄5700系電車
クリックで画像
が表示されます
   ↓

名鉄5700系電車
・大阪府 O.K
様 ご依頼品
・クロスポイント  1/150 Scale (N) プラスチックキット

名鉄スカーレットで名高い名古屋鉄道ですが、ステンレス車両の台頭でだんだんと真紅の車体を見る機会も少なくなってきました。それでもまだまだ現役を貫く車両も多数在籍しており、5700系もまた今も乗る事が出来るスカーレット車の一輛です。
1986年に登場した急行車両である5700系は、特急はパノラマカーによって不動の人気を獲得しながらも通勤・急行車両のロートル化が進みつつあった頃に生まれました。それまでの急行のメインは5000系でしたが、80年代の段階ではどの車両も冷房化がされておらず、サービス増強の意味合いも絡めて開発/設計されています。
製造当初は財政的事情で、5700系の車体を持ちながらも台車や電装品が5000系の使い回しだった5300系も存在し、こちらは2010年前後で大半が廃車となりました。
今回はNゲージキットを製作しました!

本キットは無塗装ですので、手軽に楽しみたい方に取っては難しく感じられるかもしれませんが、その分カラーや仕上がりにとことん拘る事が出来ます。比較的新しいキットな為、成型時に入るパーティングラインを処理してあげれば綺麗なボディに仕上がります。塗膜をなるべく薄く仕上げる事がシャープさを出す最適な方法ですので、下地処理の段階でサーフェイサーを乗せ過ぎない様に細かい番手のサンドペーパーで傷をなるべく小さくしていきます。
塗装前の状態で、ガラスがピッタリはまる様になっています。後述のウレタンコートを施す場合はきつすぎて塗膜が割れる危険があるため、予め窓の穴を削って余裕を持たせましょう。

塗装は弊社こだわりの特製名鉄スカーレット色を塗装! 発色が命ですので、下地に白をしっかり塗ってムラなく塗装しましょう。本車両は窓サッシやHゴムが入る部分がある為、都度マスキングをして塗りわけます。角のアール(丸角)部分は小さな径のポンチでマスキングテープをくり抜いて、過度に合わせて貼り込むと綺麗に仕上げられます。
塗装後はウレタンコートを施して、名鉄スカーレットの美しさを最大限に引き出します! 鉄道模型は塗膜を厚ぼったくしない様に、なるべくウレタンの層を薄く仕上げていきます。埃が乗ってしまった箇所だけ表面の硬化後に磨きましょう。

完成した車両は、Nゲージとは思えない重厚感に仕上がりました!