クリックで画像
が表示されます
   ↓

名鉄3100系電車
・大阪府 O.K
様 ご依頼品
・クロスポイント  1/150 Scale (N) プラスチックキット

半世紀に及んで続いた名鉄スカーレット色を受け継ぐ、現代の車輛の一つがこの3100系です。
2代目3500系のグループ車輛であり、基本設計を共有しながらも通勤車輛として高頻度での運用に耐えられるように制御系統をより整備性の高いものに置き換え、現在でもマイナーチェンジを繰り返しながら使用されています。
車体がフラットである事で、時折ラッピング電車としても運用される機会にも恵まれています。最近ではドラゴンボールのラッピングが施された事もあり、ポケモンラッピング電車でお馴染みの3700系と並んで子供たちの注目を集める車輛でもあります。
今回はこの車輛を、クロスポイント製のキットで製作しました!

キットはグリーンマックス・ザ・ストアでのみ購入可能な物で、こちらは車体が一体になった状態でキットになっています。妻面や側面等を貼り合わせて車体を組む必要がない為、比較的容易に組立てられます。
3100系は完成品も出ておりますが、今回はお客様のご要望で「NAGAEアートプロダクションの名鉄スカーレット色が良い!」と強いご要望を頂き、キットから製作させて頂きました。キットからの方が完成品の上から塗装するよりも、よりシャープに美しく仕上げられるのです。
ガラス等は最初の段階でぴたりとはまるように設計されておりますので、パーティングライン処理さえ行えば綺麗に組立てられます。

塗装です! 前途の通り弊社で調色した秘伝の名鉄スカーレット色で赤く染め上げました。各メーカーから名鉄スカーレット色は発売されているのですが、実車の色にこそ近いものの模型のサイズに合わせるとどこか雰囲気が違った印象を受けるので、より模型映えのする色に合わせているのです。
もちろん今回もウレタンコートを施すのですが、特にNゲージはガラス等のパーツのはめあわせがタイトなことと、モールドが塗膜でつぶれやすい為なるべく薄くかけてあげなければなりません。もちろん光沢はバッチリ出るように美しく吹きます!

完成した車輛は、今に生きる名鉄スカーレットを身にまとった、美しい車輛に仕上がりました!
プラキットは作りやすい一方で下地処理や塗装のやり方次第で完成後の見映えが大きく変わってしまいます。なるべく塗膜を薄く、各部をシャープに仕上げることで、完成品を大きく超えるクオリティになります!