クリックで画像
が表示されます
   ↓

『パシナ』『あじあ』と聞いてピンと来た人は、かなりの鉄道ファンなのではないでしょうか?
(いや、そうとは限らないかもしれませんが・・・)

今回は南満州鉄道で『特急あじあ』を牽引していた、パシナ(カツミ製HOゲージ完成品)を真っ黒にしてほしい(元は水色のカラーリングでした)というご依頼でした。
なるほど、「ヘッドライトにひさしも着けて・・・」ということは、灯火管制されていた時代の車輌にされたいということなのでしょう。

蒸気機関車は炭水車がついてこそ、といわんばかりに立派な炭水車が付属していますが、これも含めて一度全部色を剥ぐところから始めます。
分解出来る箇所は全て分解してから剥離作業を行なうのですが、クロスヘッド周りは結構大変です。
もともと完成品ということもあって、既に組付けられている部分の隅のほうなんかは剥離するのも大変ですが、しっかりと剥離しておかないと、再塗装の際に余計な塗装の厚みがでてしまったり、シャープなエッジが丸まってしまい易かったりするので、時間をかけてでもしっかりと処理をします。
新たな塗装が完了したら、プレートも磨き出してから付け直します。
運転台の窓は丁寧に端のほうまできっちりと押さえ込みます。

さあ、完成です♪ 全く生まれ変わった全体の雰囲気と輝きはどうですか?!

さらに、後日、別のお客様より客車再塗装として偶然にも『特急あじあ』のご依頼がありました。
しかし、そのとき既にこの牽引車パシナが手元に無かったことと、「あじあ」を撮影したデータがフォルダ丸ごとエラーになってしまった為、残念ながら皆様に公開することが出来ないので、今思っても非常に惜しかった事故でした。

まぁ、そういう訳でして・・・上塗りだから簡単と思っている方は、そこまで甘くはない、とだけ覚えておいたほうが良いのでは無いでしょうか。だからこそ、プロの技術でお客様のご要望にお応えまで行なう、弊社になんでもおまかせ下さい♪