クリックで画像
が表示されます
   ↓

西武電鉄 旧101系
・東京都 K.M 様 ご依頼品
・エンドウ  1/80 Scale (HO) ブラス完成品リペイント

西武電鉄の101系は2種類存在しており、旧101系と新101系が存在しますが、今回は旧101系の方をご紹介致します、
1969年の西武秩父線開業に合わせて、山岳エリアを走れるように高出力化を実現した車輛で、汎用性の高さから登場時はAS(オールラウンドサービス)カーとも呼ばれていました。
2010年に全廃されるまで黄色一色の塗装が施された旧101系が走っていましたが、2001年の鉄道の日に合わせて、数日限定で1編成だけ朱色とベージュ色のツートンカラーに塗り分けられました。
今回はその激レア車輛を再現しました!

エンドウ製の完成品をリペイントして欲しいというご依頼でしたので、まずは色を剥離する作業から始まります。
全身に施された黄色の塗装を落として、金属の地が出てきましたら、錆落としのブラスクリーナーで綺麗に洗い、メタルプライマーで下地を作ります。
形状によってはリペイント前に外さなければならない部品がでる事もありますが、今回は屋上機器を外した程度で、ほとんど出荷時に組まれた状態で塗装に入りました。
運行当時の写真の色味を参考に、実車の通りに塗りわけていきます。
光沢よりの半光沢という絶妙なツヤ加減のクリアーで光沢することで、ウレタンクリアーとはまた違った実車の雰囲気が感じられる完成度となります!

極わずかな期間のみ走っていた車輛が、HOゲージで復活! この喜びこそが、模型の醍醐味です!
もう見ることが出来ない幻の車輛も、NAGAEアートプロダクションにお任せ頂ければ、バッチリ再現致します! 「こんなのできるかな?」とお考えの方は、是非とも一度ご相談下さいませ。