クリックで画像
が表示されます
   ↓

西武鉄道 411系
・神奈川県 T.M 様 ご依頼品
・エンドウ  1/80 Scale (HO) ブラスキット

西武電鉄では初のカルダン式駆動(台車バネの上にモーターを配しユニバーサルジョイントで駆動する方式)を用いた車輛701系の増設車として、411系が誕生しました。しかしコストの問題で701系と違い旧式の吊りかけ式駆動(台車に直接モーターを繋いで伝達する方式)が採用されており、性能は旧来の通勤車輛と同等でした。
増結車輛でありながら2輛で構成されており、制御電動車のクモハ411形と制御車のクハ1451形がペアになって運用されました。78年にはブレーキ系統を中心とした制御システムが見直され、改修されて新401系として生まれ変わりました。この時にようやくカルダン式駆動に改められたのです。
現在では上信電鉄や山岐鉄道などに払い下げられ、各鉄道会社独自の塗装や改造を施して現在も活躍しています。
今回はこの車輛を製作します!

車体自体は比較的シンプルな構成で、前面周りの部品点数が少々多いくらいで他は迷う事なく組立てられると思います。前面の銀サッシは塗りわけ簡略化の為ハンダ付けはせず、最後の組立て時にガラスに貼るかたちで対応しました。

塗装は前面のかくっとしたラインをいかにシャープに出せるかどうかで見映えの良さがぐっと変わってきます。角度や幅のシンメトリーをしっかりとりながらマスキングします。側面はまっすぐなラインなので簡単・・・なんて事はなく、むしろまっすぐで綺麗なラインを出す方が複雑な塗り分けをするよりも難しく感じる事さえあります。目視で水平を測るセンスと、幅をきっちり測る注意深さが重要です!
塗り分けを終えたらウレタンをコートします! 凹凸の少ない面である程、ウレタンのかかり具合のムラや混入したゴミが目立ちやすい為、薄い量を均一かつ綺麗に吹かなければなりません。何度も重ね塗りをしたり希釈しすぎると垂れてしまいますし、濃いと梨地の様にざらざらした表面になってしまいます。塗装中に埃が付着してしまった際にクリアー際に沈まず上に乗っかっている程度なら、すぐにピンセット等で塗装面を傷つけない様慎重に埃を摘出して再度軽くコートしてあげれば気にならなくなります。沈み込んでしまった場合に無理にとろうとすると、塗膜を傷つけてしまいますので気をつけましょう。
感覚と経験が重要なので、回数を重ねて会得しましょう!

最後に組立てて完成! 光沢溢れるボディで411系が再び走り出しました!
古い車輛は半光沢で仕上げても雰囲気がでますが、光沢を出して新車のイメージを込めるとまた新たな魅力が見つかると思います。