ワールド工芸 HOゲージ 「 都電6000系 6080番車 」
クリックで画像
が表示されます
   ↓

今となっては懐かしい、都電荒川線の6000形車両です。
このキットでは6080番車ですが、この実車(6080番車)は東京都北区にある飛鳥山公園に今でも静態保存
されている為、ご興味のある方は一度行ってみることをお薦めします。

さて、キット自体の注目点の一つとして、いわゆるパンタグラフにあたる部分が、当時のままにビューゲルである
ところ。現代のパンタグラフと比べて、非常に趣があり、いかにもノスタルジーを感じさせてくれます。

製作のご依頼者様のご要望もあり、運転席や客席等の計器や座席は無いのですが、車内にはちゃんと吊り革がぶら
下がっていて、真横から覗き込むと思わず嬉しくなってしまいます。
(車内パーツのため画像では分かりづらいですが・・・)

6080番車の台車はD−10という、なんと戦前に東京都交通局の前身である東京市電気局が製造した旧3000
形が使用していた由緒正しい(っていうか或る意味ですごい)台車を使用しているのですが、今回はピカピカの車
体を載せるということもあって、極端な汚し処理などの塗装は避けて、車体よりも見栄え過ぎないように綺麗に塗
装しました。

黄色の基調色に一本の赤いライン、の赤い線をモールドの凹凸に関係なく歪みの無い真っ直ぐな一直線にするのも
かなりの集中力を必要としました。

そして、最後は「NAGAEアートプロダクション」十八番のウレタン仕上げです。
画像をよ〜くご覧下さい。屋上のツヤにはっきりとビューゲルが映り込んでいるのが、お分かりになるでしょう。
この映り込みでお気付きになった方は、流石ですねぇ〜。そう、ただウレタンを吹き付けるだけだとツヤは出来る
のですが、映り込みが波打って見えてしまうんです!
これを綺麗に反射して見えるようにするのが、プロの技術です。
(ご存知の方が見ると一目瞭然! ただのクリアだと、ここまでの映り込みは無理ですしね)

完成後、レールの上に載せてみて、編成の無い単両でもここまで美しく映えてくれました♪
模型としても鉄道模型はキットの価格も要求される技術も、かなりの高さを必要とします。
だからこそ、大切にしたいからこそ、綺麗でしっかりとしたものが欲しいですよね。

鉄道模型の製作代行は「NAGAEアートプロダクション」にお任せ下さい。
量産品とは違う、ハンドメイドによるワンオフ完成品として、必ずご満足頂けるお仕事をしますよ!