ホーム → ギャラリー「鉄道」 → 横浜市電600形
クリックで画像
が表示されます
   ↓
 
 

横浜市電600形
・神奈川県 T.M 様 ご依頼品
・奄美屋  1/80 Scale (HO) ブラスキット


横浜市電は明治から大正、昭和と68年に渡って横浜市中心部を主として運行していた路面電車です。
今回製作致しました600形は戦時中の空襲で焼失した500型を復旧した車両。窓の形状が二段式となっているのが特徴となっています。

クリームと青の塗装の印象が強い横浜市電の車輌ですが、今回は末期頃の黄色に青帯という仕様での製作となりました。
市電廃止後、横浜市電保存庫にて数輛が保存されておりますが、今回の形式の車輌は保存されておらずお客様にご用意頂いた資料を参考に製作しました。
なにぶん古い車輌ですので、カラーの写真が無かったり、あっても粗かったりと資料集めには苦労しました。

実際に製作するにあたり特に難しい部分はありませんでしたが、路面電車らしい窓の多い作りになっているので、塗装をする際も出来るだけ塗膜が厚くならない様に薄く吹いた方が良いでしょう。

出来上がった車輌はサイズ的にも可愛らしく綺麗な見映えですよ。
たまにはこの様な車輌も楽しいですね。
気になる方は挑戦してみてはどうですか?